持つものと債務者の仲介

任意整理という言葉は普通は負債の整理とも言われ、おのおの債権者に対しての債務の返済を行っていくことを前提とした債務を整理する手順のことをいいます。

具体的な手続きとしては司法書士の資格を持つものもしくは弁護士の資格を持つもの債権を持つものと債務者の仲介をして示談をして利息を定めている法律にかんがみて利息の再計算を実行して再計算した借りているお金の元金について年利を減額する方法で3年くらいの期間で返済を目指す借金の整理の方策です。

任意での整理は警察等の公的な機関が関与することがないので別の手続きと比べたときに、利用したときにおけるデメリットがあまりなく処理自体が借金をしている人にとってそれほどストレスになりませんので、まずここから比較する必要があるルートになります。

債権を有する者が街金みたいなとても高い年利の場合には、利息に関する法律で決まっている利子を超えて払った借入金利は借金の元金に適用するとして借入元金そのものを減らしてしまうこともできます。

サラ金といった法外な金利のところへある程度長い期間返済し続けているケースならお金を減額できるような場合もありますし十数年返済してきたケースなら負債自体が消化されてしまうこともあります。

債務の整理の良いところについてですが自己破産手続きと異なり一部のお金だけを整理していくことができますので他に連帯保証人が付いている借金を別として整理していく際や住宅ローンの分以外について処理していく場合等でも申請することが可能になりますし築き上げてきた財産を処分してしまうことは要求されていないためクルマや有価証券資産を持っているけれど、処分したくない場合でも有効な借金整理の手順といえます。

しかしながら、今後の返済に必要となる額と現実の所得額を比較しある程度返済が見通せる場合においてはこの手続きを進めるほうが良いといえますが破産宣告と異なり返済義務がなくなるというわけではありませんので負債の合計が大きい状況の場合、実際問題として任意整理で選択肢を選ぶのは難しいと考えるのが無難でしょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.houseofcardsthefilm.com All Rights Reserved.