夫婦の子育て。私の理想と現実。

子育ては1人でするものではありません。

夫婦2人でするものです。

(例外もありますが) 我家は、恵まれたことに、夫がとても協力的で、平日でも、お風呂に入れてくれたり、色々なことを手伝ってくれます。

でもその分難しいことも出てきます。

夫が子供達のこと、私がやっていること・注意していることをよく理解しているので、私と同じ立場になってしまっているのです。

私には、子育てにおける理想の夫婦像があります。

それが必ずいいとも言えませんし、押し付けるものではないのですが、こうだったらいいなぁと思うものです。

それは、ゴールは同じ方向を向いていて、でも役割が違うというものです。

子育てに関する考えは、2人一緒で、こんな風にやっていきたいね、という考え方は揃えていても、そこへの関わり方は、別な方がいいなと思っています。

例えば、何か子供が悪いことをした時に、2人して、ワイワイ言うのでなく、1人が注意をする。

1人は見守る。

そんな感じでいたいのです。

どうしても、関わる時間と性質的に、母親の方が注意する場面が多いだけに、父親にはそっと見守って欲しい、そんな気持ちがあります。

でも、今は、2人が母親役をだぶってやっている状態なのです。

時々、短くは伝えているのですが、なかなか分かってもらえないようです。

2人落ち着いた時間に、ちゃんと話しあわなくてはなぁと思っています。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.houseofcardsthefilm.com All Rights Reserved.