必要以上の余裕は良くないことなのです

クレジットカードの上限金額がご自身が普段使用する以上より多くなっていると所有者は安心だと思い誤って、必要よりもクレカを使ってしまったりするようですね。80-17-136

クレカへの過度の依存を抑制するために決済可能な上限額を事前に少なくしておこうということが、以下の文章のメインとなる考え方です。80-7-136

利用限度額を引き下げる方法〇使用カードの利用限度額を減らしておくには月の利用限度額を多めに設定するやり方と等しく本当に単純です。80-2-136

クレカの裏側に案内のあるコールセンターに電話をかけて、「カードの限度額をセーブしたいんですが・・・」というふうにエージェントへ依頼するだけです。80-6-136

普通は今現在の利用限度額に比べて低ければ時間を要する査定なしでその場で設定が終わってしまいます。80-9-136

月の利用限度額を減らすのは防犯とも繋がる△クレカの月の限度額をセーブしておくことは、自己統制等のメリットはもちろん防犯対策とも関連が深いものです。80-20-136

仮に、ユーザーのクレカが誰かの手に渡り悪用されるトラブルでも、普段から契約カードの限度額を低くしておけば危険を最小限にとどめることが可能なためです。80-18-136

ここで言っておきたいのは、もしクレカが悪用されたことがあったような場合でもカード使用者に重大な違反と思えるものがなければ、盗難保険という保険があなたをフォローしてくれるし余計な心配は必要ないのですが数パーセントの可能性のことを考え、多めの月ごとの限度額はセーブしておくのも手です。80-15-136

必要以上の余裕は良くないことなのです。80-13-136

80-11-136

コンテンツ

Copyright © 1999 www.houseofcardsthefilm.com All Rights Reserved.